債務整理で連帯保証人がいる場合は?※賢く借金整理するナビ

連帯保証人について

借金の返済が厳しいと悩まれている場合は早めに対策を考えておくことが大切です。
返済のために、また借入先を増やすということは、一時的に楽になっても、その後の返済でより苦労することになりますので、新たに借入を増やさず、正しい方法で解決していきましょう。
借金の返済が困難な場合は債務整理を行うことでかなり返済を楽にすることができます。

 

賢く借金整理する


とはいえ、連帯保証人がいる場合は、その人に影響が出てしまう場合もありますので、慎重に行っていく必要があります。
債務整理の方法も様々な種類がありますが、自己破産の場合は整理する借金を選ぶことができませんので、債務者が自己破産をしてしまった場合は連帯保証人が保証人になっている債務については、すべて債権者に払わなくてはいけなくなります。

 

自己破産後について


そして、債務者が自己破産をしてしまった場合は、連帯保証人が一括で債務を支払わなくてはいけませんが、一括での支払いが行えない場合は連帯保証人も債務整理をしなくてはならない場合もあります。

債務整理の場合も特定調停や任意整理を選んでおくと、整理したい借金を選ぶことができますので、連帯保証人のいる債務だけを除いて整理することもできます。

保証人や連帯保証人がいる場合は、勝手な判断で借金の整理を進めてしまわず、必ず相談をしておきましょう。
借金の請求はその人たちのところへ行くこととなりますので、内緒で行うことはできません。
解決方法がわからない場合は弁護士などの専門家のサポートがあると、最適な解決方法を提示してもらうこともできます。

債務整理の相談をする手順

正しい手段を知る
まずはどの手段が正しいかシミュレーションしてみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから

専門家に相談
弁護士に相談してみましょう。
⇒債務整理の無料相談が出来る弁護士事務所まとめ