債務整理はいくらから?|弁護士にかかる費用の相場ガイド

 

債務整理にかかる費用

借金をしてしまうことは仕方のないことなのかもしれませんが、その後の計画をしっかりと立てておかないと、特に連帯保証人に対して多大な迷惑をかけてしまうことになります。というのも、計画的に返済できなかった場合には、その責任が連帯保証人に対して発声することになるからです。また、負債者本人が支払い不能な状況に追い込まれた時には、当然、連帯保証人に対してその全額の債務の請求がなされることになるので、かなりの負担をかけてしまうことになります。

債務整理のデメリット

例えば、負債者本人が支払い不能な状況になってしまい、債務整理などを実行すると、負債者本人は法的手続きによって、負債額のいくらかが免除されることになるのですが、それは、負債者の返済が免除されただけに過ぎず、実際の負債は消滅していません。ですから、負債者本人から受け取ることができなくなった金額は、まとめて連帯保証人が支払うことになります。

 

連帯保証人について

また、その金額は一括請求されることがあり、その場合には、債務整理によって免除された金額全額を、一括で支払わなければならなくなります。その時には、連帯保証人には特定調停を行使して、一時その支払いを猶予する権利がありますが、基本的にはいずれは支払うことになります。最悪の場合には、連帯保証人も支払い不能となってしまい、同時に自己破産することになってしまうことがあります。ですから、負債者は連帯保証人に絶対に迷惑をかけないようにするためにも、債務整理などを行使しなければならない状況を絶対に作らないようにしなければなりません。

債務整理の相談をする手順

正しい手段を知る
まずはどの手段が正しいかシミュレーションしてみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから

専門家に相談
弁護士に相談してみましょう。
⇒債務整理の無料相談が出来る弁護士事務所まとめ