債務整理と結婚|ローン組めるの?債務整理中に結婚出来る?

債務整理とローンについて

普通に働いていて収入が減ったり、自然と借金が膨らんでいったりして返せる額にならなくなった場合、債務整理をすれば債務と金利が減額されて、毎月の返済額を減らすことが出来ます。それで債務整理の方法ですが、裁判所を通す方法と通さない方法が有ります。

裁判所を通す方法には調停という方法で債権者と債務の減額について話し合います。

 

債務整理中に結婚出来る?

他には個人再生といって債務を大幅に減額してもらう方法が有ります。この場合は再生計画を裁判所に提出して、それを裁判所に認めてもらわなければならないです。この時再生計画を作成するのに弁護士に依頼をする必要があります。

裁判所を通さない場合は、任意整理といって弁護士または司法書士などの法律家に一任して、債権者と直接債務整理の交渉をしてもらいます。

 

債務整理のポイント

裁判所を通さずにあくまでも当事者同士の話し合いですから、法的拘束力はないですけど、それなりに債務整理は出来ます。

それで債務整理後ですが、債務は減額されますが借入は出来ません。だからカードローンとかは使えなくて、ただ減額された債務を返済していくだけです。さらに法律家に依頼をした場合、債務整理後は法律家に報酬を払わなければならなくて、まとめて払えないから分割で払っていくことになります。

そして債務整理後は、金融事故として扱われますから、新規の借入は出来なくなります。だからお金が必要になって融資を頼んでもどこも貸してくれなくなります。ゆえに債務整理は最後の手段として出来るだけ行わない方が良いです。

債務整理の相談をする手順

正しい手段を知る
まずはどの手段が正しいかシミュレーションしてみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから

専門家に相談
弁護士に相談してみましょう。
⇒債務整理の無料相談が出来る弁護士事務所まとめ